予知するアンテナとは│地震予知・予測情報配信サービス

予知するアンテナとは│地震予知・予測情報配信サービス

予知するアンテナ

予知するアンテナとは

「予知するアンテナ」は地震発生の前兆現象をとらえて時期・地域・規模を予測し、地震発生の1週間以内にお知らせする地震予知サービスです。

有料会員登録をすると、検知対象エリアの地震予知情報を週2回配信するほか、『防災グッズチェックリスト』をご利用いただけます。

予知情報の的中率は80%*

「予知するアンテナ」では熊本地震以降の国内地震(マグニチュード≧5又は震度≧5弱)で、発生地震158件のうち134件の予報に成功している、民間の地震研究機関ブレインが開発した「3種前兆地震予知法」を採用しています。
2016年に発生した熊本地震(2016年4月16日1時25分・マグニチュード7.3・最大震度7)では、同月の15日から17日に、地震規模マグニチュード7.5から7.9、最大震度7の地震が熊本県中部で起こると予知していました。

地震予知の重要性

地震を事前に知ることで、自分の命、家族の命を守ることに繋がります。
大規模な地震を事前に知ることが可能であれば、事前準備、地震に気を付けることが出来ます。

防災グッズの見直し
水・食料の確保

避難場所の確認
集合場所を決めておく

地下鉄は避けて
地上交通機関を優先する

予測震源地

震源地の予測データを閲覧することができます。

解析者からのコメント

解析結果をまとめたコメントを閲覧することができます。

メール配信

週に2回の地震予知メールが配信されます。
大規模な地震の恐れがあるときは臨時で配信されます。

地震の大きさ

震源地から危険度を地図上から閲覧することができます。

会員の方はこちらから
地震の予知・予測をする地震情報サイト「予知するアンテナ」