地震予知の方法│地震予知・予測~「予知するアンテナ」

地震予知の方法 | 地震予知・予測なら「予知するアンテナ」

予知するアンテナ

地震予知の方法

地震に関する研究、大規模地震の前兆現象に関するモニタリングを行い、独自に4つの観測データを解析して地震予測情報を配信しています。

地震の短期予測(数日~2週間前)情報を配信

4つの手法に焦点をあてて地震予測の研究を重ね、この成果を基に短期地震予測を実用化

防災科学技術研究所の地震観測データ

防災科学技術研究所(NIED)が観測している地震データを用いて、地震の前兆を捉え地震を予測します。

電離層の大きな乱れ

地震の前に電離層に大きな乱れが生じ、そのためVLF(周波数3-30kHz)/LF(30-300kHz)の電波に異常が起こり、その異常を弊社独自で開発した受信装置を用いてモニタリングし、解析して地震を予測します。

磁場変化によって起こる微弱電波

地震の前には、地下でごく小さな破壊(マイクロフラクチャ)が起こり、さまざまな電波が発生することが判っています。
そのうちの磁場変化によって起こる微弱電波(ULF)をモニタリングし、地震の前兆を検出します。

GPS電波を用いた電離圏

地震の前には、電離圏の電子数の密度が高くなることが判っています。
この電離圏異常を、GPS衛星電波を用いてモニタリングし、地震の前兆を検知します。

地震の予知・予測をする地震情報サイト「予知するアンテナ」